柴犬トムと多趣味で貧乏管理人の日常雑記ブログ

柴犬と管理人の趣味の日常を綴った雑記。管理人は、柴犬のブリーダーになるための準備中で、趣味はピアノと釣りと空手を嗜んでいます。

サビキを自作しよう~ハゲ皮サビキ針の作成


f:id:shibainutom:20210622003729j:image

 皆様、こんにちは!

表紙を飾るフライタイイングキットは、実は安価なフライタイイングキットで写真のほかにも道具がいろいろついて、お値段的には5,000円弱。

そのかわり、道具の見栄えはお値段相応かな・・・

 

管理人は、フライフィッシングはしませんので、ブラックバスのジグづくりやサビキづくりであれば、どこでも持ち運べる安いフライタイイングキットで十分かな~と思っています。

 

アジ釣り用サビキ仕掛け作りに必要な道具はこちらの記事をご参照ください。

↓ ↓ ↓ ↓

shibainu-tom.hatenablog.com

 

それでは早速、ハゲ皮サビキ針の作成工程をご紹介します。

 

まず、バイスにハリスを結んだ小アジ5号針をセットします。

↓ ↓ ↓ ↓

f:id:shibainutom:20210622003839j:image

ちょっとピントがぼやけていますがご容赦ください・・・

 

 

次にボビンホルダーにスレッドをセットします。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622003901j:image

 

 

スレッドをアジ釣り針に巻いていきます。

まず、写真のようにスレッドを針に対して斜めにあてます。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004038j:image

 

 

斜めの状態からスレッドをアイの位置から針先方向に向かってスレッドを巻いていきます。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004106j:image

巻き付ける範囲は、ハリのアイから4ミリ程度で構いません。

 

 

針にスレッドを4ミリ程度巻いた状態がこちら。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004133j:image

 

 

残ったスレッドは、カットします。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004148j:image

 

 

スレッドを針に巻きつけながら、アイの位置に戻します。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622003814j:image

 

 

自分好みの形に切ったハゲ皮をハリにかぶせます。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004309j:image

 

 

ハリにかぶせたハゲ皮をスレッドでまきつけていきます。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004337j:image

 

 

アイ側から針先に向かって2ミリ程度巻いたら、スレッドをアイの位置に戻します。

最後にフィニッシャーを使って、針にスレッドを巻いていきます。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004528j:image

 

 

スレッドをフィニッシャーで巻いていくときに、以下の写真のようにハリスがスレッドに巻き付きます

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004656j:image

 

 

このとき、ニードルを使ってハリスの絡みをほどきます。

ニードルはこちら。

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622004923j:image

 

 

ほどいた状態がこちら

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622005001j:image

 

 

最後にフィニッシャーでスレッドを締め上げて完成!

↓ ↓ ↓ ↓
f:id:shibainutom:20210622005129j:image

 

 

ここまでの工程で作業時間は2分弱です。

 

以外と、道具さえされば誰でも簡単に自作できますよ♬

 

是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

最後まで、お付き合いくださり誠にありがとうございました!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村