柴犬トムと多趣味で貧乏管理人の日常雑記ブログ

柴犬と管理人の趣味の日常を綴った雑記。管理人は、柴犬のブリーダーになるための準備中で、趣味はピアノと釣りと空手を嗜んでいます。

忠実な柴犬を育てるための準備~環境づくり

こんにちは!

 

柴犬トムの管理人です☆彡

 

管理人は、専門家ではないので柴犬の歴史や犬種など知りたいかたは、後ほど日本犬保存会のホームページをご紹介しますのでそちらでご覧ください。

 

忠実な柴犬を育てるために準備をしないといけないことは何か?をご紹介します。

 

  1. 自宅は戸建かどうか
  2. お庭があるかどうか
  3. 犬舎スペースを確保できるか
  4. ご近所様のご理解がえられるか

 

1.なぜ戸建か?

柴犬の室内飼いは甘やかしの原因になります。

室内を自分のテリトリーだ!と思い御犬様と化してしまいます。

 

甘やかすことで御犬様の意識がどんどん高まり、最悪の場合は飼い主に対して威嚇をしたりするようになります。

ちなみに、甘やかしの例としては以下のような事例があります。

  • ご機嫌とり
  • 抱きかかえる

さらにエスカレートすると、飼い主をも見下して挙句の果てには保健所行きになることも・・・

この時点からすでに躾(しつけ)が始まっていますのでおろそかにしないようにしましょう。

 

人間のテリトリーと犬のテリトリーを明確にわけるためにも、戸建てのお庭で柴犬専用のスペースを確保して飼うことをオススメします。

 

但し、生後0か月~3か月くらいの間は、飼い主が留守中に仔犬が盗難されることもしばしばおきますので室内にゲージを置いて、ゲージの中で仔犬を飼うのはよしとされています。

 

2.なぜお庭がいるのか?

生後0か月~3か月くらいまでは、まだ犬自体に免疫がついていないため外でのお散歩ができません。

そのため、お庭での放し飼い運動が必要になります。

 

3.なぜ犬舎がいるのか?

犬の縄張りはここだけ!という認識をもたせるためにも、たたみ1畳分の広さの柴犬専用のスペースを作る必要があるからです。

 

ちなみに、私はコンクリートブロックで柴犬専用のスペースを庭の中に自作しました。

ブロックに支柱をたててモルタルで固定し、柵を設置して犬舎の囲いが完成。

 

犬舎への出入口は、柵をサンダーでカットしてS字フックを数か所におりつけて開け閉めできるようにしました。

 

犬小屋は、木でできた犬小屋を買ってきて犬舎スペース内に設置。

 

f:id:shibainutom:20210109144917j:plain

これが自作の犬舎です。

f:id:shibainutom:20210109145153j:plain

刑務所の矯正展で買った木製の犬小屋。かなり立派です!

f:id:shibainutom:20210109145059j:plain

寒いのに元気よくエサをたべるトムくん




 

4.なぜご近所さんへの配慮が必要なのか?

ご近所さんにもいろんな方がおられます。近所に犬などいないと思って新築の家を買われた方など家の購入事情はさまざまです。

 

ご近所に犬嫌いの人がいたらもともこもありません。事前に犬を買うことの周知はしておいたほうがよいでしょう。

 

成犬でもオスは甘え鳴きやエサのおねだり鳴き、メスは警戒心旺盛で人がくればギャンギャン吠えます・・・気になりだしたら飼うどころではなくなります。

 

安心して柴犬ライフを楽しむためにも、ご近所さまとの関係性は大切にしましょう。

 

あと、どこで柴犬を買うか・・・

 

日本犬保存会に登録してあるブリーダーさんから買うことをオススメします!

 

日本犬保存会のリンクはこちら!

www.nihonken-hozonkai.or.jp

ブリーダーさんの中には、展覧会でお披露目されるようないわゆる「優良犬」の柴犬を所有されているブリーダーさんもおられます。それだけ大事にされている犬種であることも事実です。

 

優良犬を買うとなるとかなりお値段が高くなりますが、愛犬として飼う場合はお手頃なお値段でかわいい柴犬を売っていただけると思います。

 

柴犬を買うならココのサイトで間違いなし!

www.e-shibainu.com

 

「このブリーダーさんのところで犬を買いたいな・・・」と思ったときは

直接電話をして仔犬が生まれていないか聞いてみましょう!

 

たまに「実は、別に生まれてる仔犬がいるけど売るか売るまいか悩んでるんよ・・・」ということに遭遇することもあります。

 

最後まであきらめずに、何度もアタックすることも大事です!

 

そして自分の気に入ったブリーダーさんから、晴れて仔犬を譲り受けたときは

ブリーダーさんからの飼育に関する指導は必ず守るようにしましょう。

 

少しでもかわいい柴犬と楽しい犬ライフを満喫するためにも我流の飼育はさけましょう。

 

柴犬はかしこいです。人間さまのこともよくみています。

 

すきあらば自分が家の主になってやる!くらいの気持ちをもっています。

管理人も、すでに嫌というほど実感しています・・・

 

自分も2019年2月生まれのオス犬を所有していますが、わたしの心がよめるのか??と思うくらい見られてる感があります・・・散歩も1日でも怠ると怒ります(^^;)エサやりの時間がずれるとムスっと感ありありな表情をします・・・

 

そんな柴犬にほれこんでしまったわけでありますが・・・

 

この記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

それでは!

 

よかったらポチっとおしてね!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村